*

携帯キャリア決済を使った換金することで現金化できる行為

携帯電話には携帯キャリア決済がついています。キャリアによって上限が異なり、使用状況や延滞歴などによって異なることがありますが、代替10万円ほどの限度枠が付いています。これを利用して現金化することも可能です。クレジットカードのショッピング枠と同じ使い方ができ、この枠で購入した商品を換金することによって現金化が成り立ちます。
多くの場合業者に買い取ってもらうことが多いです。ただしその場合換金率によって、お金になる金額が変わります。業者によってさまざまですが、相場は6割から7割ほどです。良い業者というのは、その率が高めになりますので、そのような違いを見つけて業者を選ぶと良いでしょう。携帯キャリア決済を利用した現金化の場合、ギフトカードを使うことが多いです。メールでやり取りすることができますので、業者の方もそれを確認できればスムーズに現金化してもらえます。また他の方法でもお金にすることが可能です。買取サイトを利用すると、業者を通さずにお金にすることができます。違いは手間とお金の金額です。どちらが自分に適しているのかをよく把握してから利用することを決めてください。その違いがわからなければ、大きな失敗をすることもあります。

買取サイトと業者の違いは手間です。サイトの方は自分でやり取りをしなければなりません。一方現金化業者の方は、依頼することでスムーズにやり取りをすることが可能です。良い業者を選ぶ、そして安全なところを利用することは大切ですが、長く営業を続けている業者ほど、良心的な対応をしてもらえますので、手間を掛けたくない場合は業者を選ぶと良いです。
あとは換金率が異なります。ギフトカードを携帯キャリア決済で購入した場合、サイトの方が8割から9割程度、業者であれば1割ほど落ちます。これは手間の違いによって生じる差異になるでしょう。なるたけ高い換金率で現金化したいのであれば、買取サイトを選ぶことをおすすめします。ただし時間がかかってしまうことが多いです。サイトによって違いはありますが、やり取りをしたうえで1週間ほどかかることも。業者であれば込み具合にもよりますが、1時間ほどで終わり、希望した口座に振り込まれます。手間の違い、お金の金額、そして現金化するスピードによって、どちらが良いのかが利用者によってわかれるでしょう。適している方法を見つけて選んでください。ただ借金になることは忘れないでください。翌月その返済が待っています。

公開日: