*

現金化できる?携帯キャリア決済を使って換金する方法と相場

現金化とは、クレジットカードで所定の商品を購入し、それを換金して現金にするというサービスです。これはクレジットカード会社は禁止している行為となりあまり気乗りしない人も多いのですが、他の方法で現金化数rこともできます。
その方法としては、携帯キャリア決済を使うという方法です。
携帯キャリア決済とは、携帯電話会社が提供しているサービスで、携帯電話の有料サービスの代金支払いや通信販売等の各種購入の代金支払いや建て替えのために行われているサービスです。
そしてこの支払い方法は現金化する方法があるのです。
これは携帯キャリアでの支払いができる・使えるお店で金券などを購入し、それを買取専門店に持って行って買い取りをしてもらうという方法です。それぞれのお店によっても相場は違うため、実際に買い取りをしてもらう段階ではまずどのくらいの金額まで買い取ってもらえるか、またどのくらいの金額を換金してもらえるか、ということを考えたほうがいいでしょう。
相場としては、だいたい65パーセントから80パーセントほどとなっています。1000円分の商品券なら650円から800円という範囲での現金化になりますから、いいお店ほど現金にするときの効率が良くなります。

この現金化では、まずは金券の種類ごとに相場は違います。
一つは使える金券の種類です。使う人が多く欲しい人が多ければ多いほど、その金券の価値は高くなり、換金するときの相場が有利になります。例えば大手ネットショッピングモールやネットショップが提供しているオンラインチケットやオンラインギフト券は少し高額になっており、特定のサービスでしか使えないオンラインギフト券の場合はそのサービスがあまり人気ではない場合は現金化してもそんなにパーセントは高くないとされます。次に、売る時の単価が高ければ高いほど高額になります。これは携帯キャリア決済の上限額がいくらか、という事にもなりますが、大体の場合は売るときに量が多く券面の金額も高額であればあるほど、換金の際には良いレートになります。この場合は1000円と10000円では額面によってまず買い取れるお店が違うため、このような差が出てくるのです。実は券面の単価が一定以上ないと現金化に応じていない買取店もあり、券面の単価が高ければ高いほど良い換金率のお店を利用できるのです。また、券面の金額が高ければ高いほど買取率も高くなるように設定しているお店もあります。このため、できるだけ多くの金額を一度で決済するほうがより良い現金化になるでしょう。

公開日: