*

携帯キャリア決済での換金、現金化とは

手持ちの現金が少なくて、どうしてもすぐに現金がほしいとき、どのような方法を考えるでしょうか。カードローンは一つの方法でしょう。短期間であればさほど金利はかかりませんし、引き出しもコンビニなどのATMが使えますから、便利といえば便利です。しかし、当然ながら契約が必要です。まだ契約していない場合は、契約から始めなければなりませんから、その分だけ敷居が高いことは間違いありません。それに、やはりどう見ても借金ですから、その意味でも敷居は高いでしょう。
このような場合、候補に入れてほしいのが携帯キャリア決済による換金、現金化です。メリットは、すでに持っている携帯でそのまま行えることです。新たな契約手続きなどは一切必要ありません。その分、敷居が低いわけです。現金も、自分の使っている銀行口座に振り込んでくれますから、その点でも利便性は劣りません。
ただし、いくら現金化とはいっても広い意味では借金ではあります。誰かがお金を恵んでくれるわけではなく、いずれは自分で返す必要があります。ですから、返済のめどが立っていることは必要です。仕組みとしては、携帯会社が一時的に支払いをしてくれて、後日、携帯料金と一緒に請求されるということを利用しています。

さて、では実際にこの携帯キャリア決済の仕組みを利用して換金、現金化するには何をすればよいのかを説明しましょう。まず、用意するのは携帯、スマホだけですから簡単で、非常にメリットがあります。これでネットに接続し、ある商品を買います。通常、ネットショップで何か商品を購入する場合、支払いはクレジットカード払いなり、コンビニ支払いなり、銀行振り込みなどにするのが普通です。ところが今は現金が必要なのですから、その方法は取りません。代わりに、その際に携帯キャリア決済を選択します。こうすることで、一時的に携帯会社が立て替え払いをしてくれます。商品はその場で自分の手に入ります。
そして、おもむろに買ったばかりの商品を売り払い、換金、現金化します。これで現金が手に入るという仕組みです。
ここで、どうやってその商品を売るのかが当然気になるところでしょう。実は、この目的にぴったりの商品があるのです。ネットで買える電子ギフトです。これは逆にネット上で買い取りしてくれるサイトもあるのです。購入後、その買い取りサイトを訪問し、購入したばかりの電子ギフトを換金します。現金は、自分の指定する銀行口座に振り込んでもらうように指定することができます。あとは、キャッシュカードで引き出すだけです。

公開日: